目指せ貯金1000万円!貯められる人の特徴、コツ、行動とは?【節約編】

お金
スポンサーリンク
この記事でわかること
  • 1000万円貯められる人の特徴、行動、コツ

 

こんにちは。「ガウ」です。

先日、色々な記事で書かれている

  • 「1000万円貯めるコツ」
  • 「1000万円貯まる人の共通点」
  • 「1000万円貯めた人がやっていること」

これらの内容が、

実際に1000万円貯めた自分自身に、

どれだけ当てはまるかを試してみました。

 

項目数が多かったので、

【考え方編】

【節約編】

【管理・運用編】

【その他番外編】

の4つ分けています。

 

前回は、

貯める上での【考え方】に関する項目を集めて回答しました。

 

今回は第二弾で【節約編】です。

 

1000万円貯めるために行った

「節約方法」「節約に対する姿勢」

に関する内容になっています。

 

結果から言うと、

今回は、11個中10個当てはまりました!

 

1000万円貯められる人の特徴、コツ、行動【節約編】
  • 固定費を見直す:YES
  • 目立つ支出を絞る:YES
  • 日々の食費を削る:YES
  • 小さな節約を面倒がらない:YES
  • 出費にメリハリをつけている:YES
  • 節約料理はムリに頑張らない:YES
  • 夫(妻)の小遣いは減らさない:YES
  • ATMの時間外手数料は払わない:YES
  • 「ラテマネー」にはお金を使わない:YES
  • 特売品を買わない・まとめ買いをしない:NO
  • 計画的に行動して早割・セールを積極的に活用する:YES

 

この記事で紹介する節約を真似することで、

皆さんの貯蓄のペースが上がるかもしれないですね!

 

1000万円貯められる人の特徴、コツ、行動【節約編】

固定費を見直す:YES

1000万円貯められる人は

保険や通信費、住居費など、

節約効果の大きい固定費を見直している。

 

固定費の見直しは、

「お金を貯めよう!」と思った方が

まず真っ先にやるべきことです。

 

固定費と言っているのは

  • 家賃
  • 各種ローン
  • 各種保険
  • 光熱費
  • 通信費
  • サブスク

など、毎月ほぼ定額でかかるお金のことです。

 

僕も貯蓄を本格的に始めたときに

  • スマホを格安Simに乗り換える
  • できる限り実家暮らしを続ける
  • 貯蓄型の生命保険、医療保険は解約

など、まずは固定費の見直しを行いました。

 

スマホを格安Simに乗り換えるだけでも

年間数万円の節約効果があり、

一生で考えると数十万円の節約になります。

 

節約をする際は、トータルの支出(長期の節約額)が

大きいものを減らすのが効果的です。

 

目立つ支出を絞る:YES

1000万円貯められる人は

固定費を見直したあとは、

それぞれの家計で目立つ支出を絞っている。

 

目立つ支出とは、

  • 服飾費
  • 美容費
  • 外食費
  • 車の維持費

などのことです。

 

「0」にする必要はありませんが、

本当に欲しいもの、やりたことに限定すべきです。

 

僕の場合は

  • 服はほとんど買わなくない
    →元々興味がなかった
  • ムダな外食は控えるようにした
    →会社帰りの寄り道、付き合いをなくした
  • 車は中古の軽自動車
    →最低限の機能さえあればよかった

 

これら全部にお金を使っている人に比べて

年間数十万円以上、節約できているのではないでしょうか?

 

僕にとっては、これらを節約、我慢しても

生活水準が下がることはありませんでした。

 

日々の食費を削る:YES

1000万円貯められる人は

外食を控える、お弁当を持参する、簡単でもいいから自炊するなど、

日々の食費を抑える工夫をしている。

 

僕も会社に昼食と飲み物を持参することで、

食費を抑えています。

 

僕の場合は少し極端で

「会社の昼食は栄養が取れればいい」

と割り切っているので、平日の昼食は

「プロテインとバナナ」だけです。

 

金額にすると1食100円くらいですね。

 

「それだけで足りる? 飽きないの?」

とよく聞かれるのですが、プロテインは腹持ちしますし、

僕が飲んでいるマイプロテイン「Impact ホエイ プロテイン」は、

たくさんの味があるので飽きませんね。

 

小さな節約を面倒がらない:YES

1000万円貯められる人は

マイバックやマイボトルの持参、ポイントサイトの経由など

細かい節約も面倒がらずに実践している。

 

年間数千円〜数万円程度の節約ですが、貯められる人は

「塵も積もれば山となる」

何十年も続ければ、大きな差につながることを知っています。

 

僕の場合も、

  • マイバック、マイボトルは常に持参している
  • ポイントキャンペーンなども積極的に活用
    →主に楽天ポイントを利用
  • 小銭は全て貯金箱に入れている
    →小銭を持ち歩くのが面倒

 

節約効果が月1,000円だとしても

年間では12,000円、40年続けると480,000円にもなります。

 

出費にメリハリをつけている:YES

1000万円貯められる人は

旅行、外食、アーティストのライブなど

「これだけは我慢しない」という趣味がある。

 

1000万円貯めるには、モチベーションの維持も大切です。

なんでもかんでも節約、我慢するとモチベーションを維持できません。

 

貯められる人は、

自分の好きなこと、自分がやりたいことには

しっかりお金を使って、楽しみながら節約しているようです

 

僕も

  • 年に数回、国内旅行に行っている
  • ミニ四駆、ガンプラ、遊戯王カードは買う
  • パソコンや家電などは、多少高額でも買う

など、貯めるだけではなく、使うときは使うようにしています。

 

節約料理はムリに頑張らない:YES

1000万円貯められる人は

レトルトや冷凍食品を活用して無理なく節約している。

 

「手作りしたほうが安い」と、自分を追い込むと、

ストレスが溜まり、逆に支出が増えてしまいます。

 

貯められる人は、

常に我慢し続けるのではなく

ラクできることはラクをしているようですね。

 

僕の場合、今は実家暮らしなのですが

転勤で数年間一人暮らしをしていました。

 

その時は、自炊していたのですが

総菜、レトルト食品、冷凍食品は多用していましたね。

 

外食するよりは安いし、疲れてしまうと意味がないので

料理は頑張りすぎないようにしていました。

 

夫(妻)の小遣いは減らさない:YES

1000万円貯められる人は

小遣いを減らしても、途中で足りなくなり、ねだられることが多い。

計画的に貯金するには、小遣いを減らさずに、他の支出を見直す。

 

既婚者限定の内容ですが

パートナーに対して

無理やり節約を押し付けるようなことはしていないようです。

 

僕は結婚していますが、「お小遣い制」ではありません。

 

仮に「お小遣い制」だったとしても

「相手のお小遣いを減らす」という選択はしないだろうと思います。

 

お小遣いを減らしたら

「何のための節約?」ってなりそうですからね。

 

ATMの時間外手数料は払わない:YES

1000万円貯められる人は

無駄遣いがとにかく嫌い

払わなくていい手数料は払わない

  

ATM手数料も、

毎回払っていたら

年間で結構な額になります。

 

お金を貯められる人は、

払わなくてもいい出費はしないように工夫します。

 

僕もATM手数料に関わらず

手数料は大嫌いです。

 

ネット銀行を使うなどで、

なるべく手数料を払わないようにしています。

 

「ラテマネー」にはお金を使わない:YES

1000万円貯められる人は

「ラテマネー」のような無計画な支出は避けている。

  

ラテマネーとは、毎日のカフェ代など、

習慣的、無意識、無計画に使っているお金のことです。

 

先ほども言いましたが、貯められる人は

1回の支出は小さくても、

「塵も積もれば山となる」ことを知っています。

 

僕は「ラテマネー」を使わないように

コンビニに寄るのを避けています。

 

コンビニ商品って魅力的で、

ついつい必要以上のものを買ってしまうんですよね。

 

「だが、この星のコンビニコーヒーは美味い。」

 

特売品を買わない・まとめ買いをしない:NO

1000万円貯められる人は

どんなに安くても、必要のないもの、必要以上の量は買わない。

 

おそらく、ムダな買い物を防ぐために、

「買わない」と決めているのでしょう。

 

僕の場合は、特売品もまとめ買いも多用します。

理由は単純、「定番品が決まっているから」です。

 

自分が普段使うものが安くなっているなら

まとめて買います。

 

衝動的な買い物はもちろんNGですが、

計画的な「まとめ買い」は節約につながります。

 

計画的に行動して早割・セールを積極的に活用する:YES

1000万円貯められる人は

旅行やショッピングの予定は早めに立てておき、早割やセールで購入する。

騒動的ではなく、計画的にお金を使うことで、楽しく貯めている。

 

僕も旅行は1ヶ月以上前から計画し、

有給を利用して、安い時期を狙って行っています。

 

買い物も、欲しいものはあらかじめリストアップしておき、

Amazonセールや楽天スーパーセールなどで買っています。

 

安く手配できたこと、安く買えたこと自体に

喜びや楽しさを感じられるので、

個人的には苦ではありませんね。

 

まとめ

1000万円貯められる人の特徴、コツ、行動
  • 固定費を見直す:YES
  • 目立つ支出を絞る:YES
  • 日々の食費を削る:YES
  • 小さな節約を面倒がらない:YES
  • 出費にメリハリをつけている:YES
  • 節約料理はムリに頑張らない:YES
  • 夫(妻)の小遣いは減らさない:YES
  • ATMの時間外手数料は払わない:YES
  • 「ラテマネー」にはお金を使わない:YES
  • 特売品を買わない・まとめ買いをしない:NO
  • 計画的に行動して早割・セールを積極的に活用する:YES

 

皆さんは何個当てはまりましたか?

 

節約というのは、単にお金が貯まるだけではなく

生活費を下げることで、

給料が下がった時などのリスク対策にもつながります。

 

節約はお金を増やし、安心して暮らすために

「必須」といえるほど重要なことなのです。

 

節約術に関しては「向き/不向き」がありますので、

自分が真似できることから始めてみてはいかがですか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました