お金持ちになりたい人が知っておくべき7つの教え【バビロン大富豪の教え】

お金
スポンサーリンク
この記事でわかること
  • お金持ちになるために必要な考え方
  • お金持ちになるために必要な行動

 

こんにちは。「ガウ」です。

突然ですが、皆さんは「お金持ち」になりたいですか?

僕はなりたいです。

 

もっというと、お金持ちまではいかなくても、

働かなくても生きていけるだでの資産が欲しいです。

 

そのために、日々節約したり、お金に関する勉強をしているのですが

先日「漫画 バビロン大富豪の教え」という本を読みました。

 

100年以上語り継がれている

「バビロンいちの大金持ち(The Richest Man In Babyron)」の漫画版です。

漫画版ということもあり、非常に読みやすく、分かりやすいです。

ジョージ・S・クレイソン (著), 坂野旭 (イラスト), 大橋弘祐 (その他)

 

この本には、「お金」と「幸せ」を生み出す【黄金の法則】について書かれています。

そして、この【黄金の法則】は、現代でも活かすことができます。

 

僕はこの記事を書いている時点で31歳です。

手取り月収は20万円強ですが、2000万円程度の金融資産があります。

 

【黄金の法則】の中には、僕が資産を築く上で、

無意識にできていたことが多数ありました。

 

この記事では、本の中で紹介されている「黄金に愛される七つ道具」

僕の経験を交えて紹介します。

 

資産形成を始めるきっかけや、資産を増やすのに役に立てれば嬉しいです。

 

「黄金に愛される七つ道具」

①収入の十分の一を貯金せよ

当たり前のことですが、毎月の収入から貯金ができなければ、

お金を増やすことはできません。

 

また、お金を貯めることが出来なければ

お金に対する不安、将来に対する不安を消し去ることもできません。

 

では、収入の10分の1を貯金できれば

一体いくら貯めることができるのでしょうか?

 

平均的なサラリーマンの年収なら、

給与の10分の1を定年まで貯金できれば、

それだけで3000万円貯まります。

 

これだけで老後問題は解決してしまうほどの貯蓄ができてしまいます。

 

しかも、夫婦共働きなら6000万円

さらに、年利3%で運用すれば、定年時には1億2000万円にもなります。

年利3%というのは、かなり現実的な利率です。

 

ただし、書籍ではサラリーマンの平均年収を3億円で計算しています。

今の日本で、これだけ貰えるサラリーマンは限定的ではないでしょうか。

 

個人的には半分くらい(1億5000万円)が妥当と考えています。

そのため、収入の20%以上は貯金できるようにした方がよいでしょう。

 

この教えを実現するためには、以下のことが必要になります。

  • 平均的な年収が得られるような職業に就く
    →生涯年収が1億5000万円を下回るようなら転職を検討
  • 欲望に優先順位をつける
    →②で詳しく解説

 

②欲望に優先順位をつけよ

人間の欲望には際限がなく、欲望を全て満たそうとすると、

いくらお金があっても足りません。

 

実際、年収1000万円以上でも、貯金がほとんどない人はけっこういます。

必要以上の贅沢をして、収入をほとんど使ってしまうからです。

 

①の「収入の十分の一以上を貯金する」には、

欲望に優先順位をつける必要があります。

 

「贅沢をするな」というわけではありません。

自分にとって、本当に必要なモノ、本当に好きなものに

資金を集中するようにしましょう。

 

  • 高級ブランド
  • 最新のスマートフォン
  • 高級店での外食三昧
  • 高級マンション
  • 新築マイホーム
  • 新車のマイカー

 

これらのモノは自分に必要なモノ、自分の人生を豊かにしてくれるモノでしょうか?

「他人から良く見られたい」など、

他人の目を気にして購入しているありませんか?

 

それらを我慢しても、自分の生活水準は変わらないのではないでしょうか。

今までした支出たちが、自分にとって本当に必要かを考え直してみましょう。

 

(参考)生活水準が変わりにくい節約例
  • 生命保険の見直し
  • 携帯電話を格安Simに変える
  • 新聞や使っていないサブスクを解約する

 

③貯えた金に働かせよ

貯金したお金をそのままにしておくのはもったいないです。

 

銀行の金利は「0.001%程度」。

1000万円預けても、1年間で1000円も増えません。

 

それどころか、インフレが起きると相対的にお金の価値は減っていきます。

政府にとっては緩やかなインフレが理想なので、

インフレが起きるような政策が次々と行われる可能性が高いです。

 

現代でお金持ちになるためには、

投資をして「お金にも働いてもらう」必要があります。

 

投資先として有力なのが「株」です。

世界全体の株価は、リーマンショックやコロナショックで

一時的な下落はあったものの、長期的にみれば右肩上がりとなっています。

 

難しいのは「何を買うか」ですが、初心者には「投資信託」がおすすめです。

「 Fund of the Year 2020」の上位から選ぶのが無難でしょう。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020

 

「 Fund of the Year 2020」は、投資ブロガーが選ぶ優良ファンドランキングです。

銀行や証券会社が選んだものではなく、実際に運用している人たちが

「優良」と認識しているファンドになります。

 

僕自身も、ランキングに入賞しているファンドに投資しています。

 

④危険や天敵から金を堅守せよ

ある程度お金が貯まってくると、

銀行や保険会社、不動産業者などから、投資の勧誘が増えます。

(預金額を把握している銀行が面倒です。)

 

より大きく儲けようとして、調子の良すぎる話に乗ってはいけません。

基本的に誰かが持ちかけてくる話は危険です。

 

多くの場合、儲けるのは「あなた」ではなく、

「話を持ちかけてきた相手」です。

 

調子のいい話を盲信して、

あり金を全て注ぎ込むようなことは、絶対にしてはいけません。

 

もし気になる話があるのなら、その道に長けた専門家に相談して決めましょう。

多くは賢者は協力的で、無料でアドバイスをくれるはずです。

 

⑤より良きところに住め

節約、貯蓄の「敵」のように書かれることが多い「家」ですが、

「家」というのは、幸せな生活と密接に関わっています。

妥協すべきではありません。

 

その幸せは、貯金を増やすモチベーションになり、

住居への支払いは、心を豊かにする投資と言えます。

 

間違えてはいけないのが、

高い家(新築や高層マンション)に住む、

広い家に住むという意味ではないということです。

 

  • 子供を育てる環境に適しているか
  • 趣味が楽しめる環境か
  • 職場までの距離

など、自分たちの生活をより良くできるような家、環境を選びましょう。

 

⑥今日から未来の生活に備えよ

「必要なお金はいくらなのか」を決めて、

それに向けて今日から行動しようということです。

 

老後の生活や子供の教育費など、

将来必要になるであろうお金を今日から準備しましょう。

明日ではありません。今日です。

 

目標を決めると、漠然とお金を貯めようとするよりも

モチベーションが維持しやすいです。

 

例えば、老後資金の2000万円を20年間で貯めようと思う場合、

年間100万円貯める必要がある、

年間100万円貯めるには月8万円強貯める必要がある、

月8万円貯めるには、3万円ほど足りていない、

など、現状の把握や短期目標の設定にも役立ちます。

 

また、「必要なお金はいくらなのか」を考えてみると

実は「莫大なお金が必要ではない」ことに気づくかもしれません。

 

  • 老後資金にいくら必要か
  • 教育資金にいくら必要か
  • 仕事を辞めるためにはいくら必要か

 

是非、目標を決めて今日から行動しましょう!

 

⑦自分こそを最大の資本にせよ

お金がないと不幸ですが、お金があるほど幸せになれるわけでもありません。

多くの幸福に関する研究で、年収800万円程度がピークとされています。

 

幸せになるには、人との繋がりが必要ですし、

最後に頼りになるのは、自分自身の力と、頼れる友人の協力です。

 

単にお金を貯める、お金を増やすのだけではなく、

自己投資をして自分自身を磨き、

誰かに喜んで貰えるような仕事をし、

社会との繋がりを大事にしましょう。

 

ちなみに手っ取り早く自己投資をするなら「読書」がおすすめです。

たった数千円で、多くの知識を得ることができます。

 

管理人の事例を紹介

①収入の十分の一を貯金せよ

僕のは手取り年収が約300万円、

40年働くとすると生涯年収は約1億2000万円です。

 

平均年収には足りていませんが、生活費をかなり抑えられる環境なので、

給与の約30〜40%貯金しています。

 

もちろん、今の仕事や生活が続けられる保証はないので、

状況が悪化した時を考えて、転職サイトに登録しています。

 

お金がかかるわけではないので、転職する気がなくても、

転職サイトに登録だけはしておくことをおすすめします。

 

②欲望に優先順位をつけよ

  • 車は中古の軽自動車(田舎なので車は必須)
  • 携帯電話は中古のiPhone7(2021年1月時点)
  • 携帯会社は格安Sim(mineo、月々2000円程度)
  • 衣類は年数着しか買わない(主にユニクロ)
  • マイホームの購入予定はなし(可能な限り実家に暮らす予定)

これらの欲望は諦めてしまっても、僕の生活水準は変わりませんでした。

 

むしろ、年に数回、好きなところに旅行に行ったり、

美味しいものを食べる余裕ができ、

無駄な贅沢をしていた時よりも幸せです。

 

③貯えた金に働かせよ

僕は貯めたお金を「インデックスファンド」に投資しています。

主な投資先は以下の3つです。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(全世界株、債券)
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(アメリカ株)
  • 楽天VTI(アメリカ株)

 

2021年1月時点では年利5%以上で運用できおり、

銀行に預けるよりもはるかにお金を増やせています。

 

 投資信託セゾン投信 長期投資

 SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

④危険や天敵から金を堅守せよ

お金が貯まると、銀行、保険会社、不動産から連絡がくるようになりました。

窓口、電話、メール、ハガキなど、様々な方法で勧誘されます。

 

他人から勧められる儲け話は、基本的に詐欺と思っています。

「安心」「安全」「保証」

これらを謳ってくる輩は、特に危険なので注意しましょう。

 

⑤より良きところに住め

僕はこの記事を書いている時点では、実家に住んでいます。

  • 月数万円で食事付きで住める
    → お金が貯まる
  • 可愛いペット(猫2匹)と暮らせる
    → ストレス発散、モチベーション向上

たまに煩わしさはあるが、僕にとっては、とても良い環境でした。

 

最近子供ができたので、子育てにより適した場所に引っ越す予定です。

僕の場合は、新築のマイホームは諦め、

ライフステージに合わせ、より良いところに住めるようにしています。

 

⑥今日から未来の生活に備えよ

僕は40歳前後を目処に、5,000万円貯めて会社を辞めること、

いわゆる「FIRE」を目指しています。

 

最近子供ができたので、今後の生活費によっては

目標金額、目標時期を変えるかもしれませんが

会社をやめて悠々自適に暮らしたいという目的は変わらないので

それに向けて今日も貯蓄を進めていきます。

 

⑦自分こそを最大の資本にせよ

正直、これは出来ていないですね…。

今のところ、何の取り柄もないサラリーマンのままです。

 

一応、毎日本を読んだり、ブログ書いたり、

Twitter、インスタを始めたりはしていますが、成果なしです。

 

何が成功するか分からないので、

気長にコツコツと続けていこうと思っています。

 

まとめ お金持ちは無意識にできている

「黄金に愛される七つ道具」

①収入の十分の一を貯金せよ
 現状の日本では、20%以上を目指そう!

②欲望に優先順位をつけよ
 不要な贅沢をなくしても、生活水準は変わらない

③貯えた金に働かせよ
 投資をしないとお金は増えない

④危険や天敵から金を堅守せよ
 調子の良すぎる話は疑ってかかる

⑤より良きところに住め
 住むところは幸せに直結、妥協しない

⑥今日から未来の生活に備えよ
 目標を決めて、今日から行動しよう

⑦自分こそを最大の資本にせよ
 最後に頼れるのは自分の力と頼れる友人たち

 

「漫画 バビロン大富豪の教え」では、貧しい家に生まれた主人公が、

大富豪に教えを乞い、その教えに従うことで巨万の富を得る物語です。

 

その教えというのが、今回紹介した「黄金に愛される七つ道具」。

 

現実は物語のようにうまくはいくとは限りませんが

「1」から富を築くためには、知っておくべき知識がつまっています。

 

「これからお金を貯めよう」

「経済的自立(FIRE)を目指そうという」

このような目的のある方は、

「黄金に愛される七つ道具」を心掛けてみてはいかがでしょうか?

より早く、目的を達成できるかもしれませんよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました