【総額200万円超】築50年以上のリフォーム費用まとめ

マネープラン
スポンサーリンク
こんなことが知りたい人へ
  • 築年50年以上に住み始めるための準備
  • どんなリフォームにいくらかかるか
  • リフォーム費用を抑えるには

 

こんにちは。住居費ゼロのガウです。

 

2021年子どもが生まれたのを機に、誰も住んでいない祖父母の家を使わせてもらうことになりました。

 

ガウ
ガウ

お金をかけずに一軒家に住めるなんてラッキー!

と思っていましたが…

大きな勘違いでした(泣)

 

実際住み始めるまでには、まとまった費用が必要でした。

住み始めるまでに行ったこと

お風呂のリフォーム:約120万円

家電・家具の準備:約53万円

傷んだ部分の修復:約45万円

不用品の廃棄:約2万円

 

施主支給やDIYで節約しましたが、総額約220万円かかっています。

 

この記事では、

どんなリフォームをしたのか

リフォームにどれくらいかかったか

リフォーム費用を抑えた工夫

について紹介します。

 

古民家で暮らそうかな?

と考えている方の参考になると嬉しいです。

 

ガウ
ガウ

思ったより大変だぞ!!!

 

お風呂のリフォーム:1,203,100円

※Beforeはイメージ

お風呂はボロボロだったので取り替えました。

 

在来工法からユニットバスへのリフォームです。

一番お金がかかった部分です。

費用内訳

浴室改修工事費天気:564,000円

ユニットバス代:529,100円

電気工事:110,000円

 

費用を抑えた工夫

僕は建築関係の親戚がいるので、

  • ユニットバスを業者価格で購入
  • 施主支給で施工

という方法で費用をかなり抑えることができました。

 

リフォーム業者に依頼すると、150万円はかかりますが約30万円の費用削です。

 

調整が大変だったり、施主支給に対応している業者を探す必要がありますが、中間マージンが取られないので、削減効果が大きいです。

 

他の節約手段として、

展示処分品を買う

という手段もあります。

 

2月〜3月にメーカやホームセンターのショールームに行ってみましょう。

展示品が半額くらいで売られていることもあります。

ガウ
ガウ

欲しいサイズの処分品があればラッキー!

僕は売り切れでした…

 

家具・家電の準備:528,700円

2番目にお金がかかった部分です。

使えるものはそのまま使っているのですが、買い替えが必要なもの多々ありました。

 

費用内訳
  • エアコン:60,000円
  • エアコン取り付け工事:143,000円
    (アンペア増設含む)
  • ストーブ:95,700円
  • 冷蔵庫:80,000円
  • ルンバ:40,000円
  • 掃除機:40,000円
  • 寝具:50,000円
  • その他収納家具など:20,000円

 

築50年以上の古い家は、電気の容量が30A以下のことが多いです。

30Aだと、エアコンを使うとすぐにブレーカが落ちてしまいます。

30A→40A以上にするには、電気工事が必要です。

 

ガウ
ガウ

祖父母の家ももちろん30A

エアコン工事とアンペア増設工事が発生

 

費用を抑えた工夫

エアコン取り付けは施主支給

購入はAmazonや楽天のセールを利用

で費用を抑えました。

 

トータルで5万円以上は抑えられたのではないでしょうか。

 

傷んだ部分の修繕:443,754円

真面目にやればもっと多くの部分で修理必要でしたが、最小限に抑えました。

 

費用内訳
  • 床張り替え:100,000円
    (重ね張り)
  • 畳の張り替え:100,000円
    (一部屋のみ)
  • ペンキ塗り替え:150,000円
  • 網戸の交換:42,460円
  • 壁の塗り替え:40,000円
    (一部屋のみ)
  • クションフロアの貼り付け:11,294円
    (キッチンのみ)

 

費用を抑えた工夫

こちらも親戚に協力してもらい

処分品の購入

閑散期に依頼

して費用を抑えました。

 

また、

壁の塗り替え、クッションフロアの貼り付けはDIY

ネットで材料、工具を購入して、自分でリフォームしました。

 

ガウ
ガウ

意外と簡単で、楽しい!

不用品の廃棄

※写真はイメージです

もともと住んでいる人がいなければ発生しないと思いますが、

「誰かが住んでいた家に住む」

という人は、まずは不用品の処分が必要です。

 

費用内訳
  • 粗大ゴミ(400kg): 5,490円
  • 不燃ゴミ(130kg): 1,780円
  • 可燃ゴミ(290kg): 3,190円
  • トラックのレンタル:10,000円

 

費用を抑えた工夫

トラックをレンタルし、自分達でゴミ処理施設に持ち込みました。

 

正直、業者に頼んだ方がよかったと後悔しています。

自分達でやるのは、マジでしんどかったです。

 

ガウ
ガウ

昔の人ってモノありすぎ

家具はデカいし、布団100kgとか意味不明

大人4人で頑張りましたが、手伝ってくれた方にも申し訳ないですし、2度とやりたくないです。

 

まとめ

リフォーム内容と費用

お風呂のリフォーム:約120万円

家電・家具の準備:約53万円

傷んだ部分の修復:約45万円

不用品の廃棄:約2万円

総額:約220万円

 

全部やるのに6ヶ月以上かかりました。

 

一番大変だったのが不用品の処分です。

業者に依頼するのが賢明だと思います。

 

築50年以上のリフォームは大変で時間もかかりましたが、今は快適に暮らせています。

そしてDIYは楽しかったです。

また何かに挑戦してみようと思っています。

 

ガウ
ガウ

古い家は伸び代しかない

 

築50年以上の古民家に住むには、思った以上に手間と費用がかかります。

しかし、新築とは違った楽しさもあります。

 

住居費を抑えるというのは、資産形成でとても大切です。

これからも、楽しみながら抑えていきたいと思います。

 

倹約の参考になると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました