【ペットハウス&キャリー】普段はペットハウスとして使える【写真あり】 

ペットハウス&キャリー 外観2 ペット
スポンサーリンク

こんにちは。管理人の「ガウ」です。

僕の実家では猫を飼っていますが、先日新しいキャリーを購入しました。

飼い主
飼い主

「キャリーって使わないとき邪魔だなぁ」
「普段でも使えるようなキャリーないの?」

 

アイリスオーヤマの「ペットハウス&キャリー」は、

ペットキャリーとしてだけではなく、

普段はペットハウスとして置いておくことのできる商品です。

 

この記事では、今回購入した 「アイリスオーヤマ ペットハウス&キャリー」について紹介します。

 

ペットハウス&キャリーの外観とスペック

ペットハウス&キャリー 外観2
ペットハウス&キャリーの外観
スペック
  • サイズ(cm):幅48×奥行32.1×高さ30
  • 重さ(kg):1.63
  • 耐荷重(kg):8
  • 材質:ポリプロピレン、スチロール、ABS樹脂
付属品
  • 本体
  • シートベルト取付部品

 

色はホワイトとブラウンの2色があります。
僕はブラウンを購入しました。

 

給水ボトル、肩掛け用のショルダーベルトを付けることができるみたいですが、

本体には付属していないので注意してください(別売り)。

 

プラスチック製ということもあり軽いです。

実家の猫は約3 kgの猫ですが、大きさとしては十分でした。

上の蓋が大きく開きますので、上からでも簡単にペットを入れることができそうです。

上からでも簡単に入れられる

 

ポイント① ペットハウスとして使用できる

一番の特徴は、商品名にもあるようにペットハウスとしても使用できることです。

前扉を上側に収納することで、ペットハウスとしても使用できます。

 

前扉を上側に収納するとこんな感じ

 

家の猫もたまに入っているみたいです。

普段から使用しておくことで、キャリーに慣れさせておくことはできそうですね。

側面の扉は小窓も開閉でき、小窓から出入りすることもできます。

 

病院に行く準備をしていたら、勝手に入り込みました

ポイント②車のシートベルトに固定できる

付属の固定用パーツを使うことで、車のシートベルトに固定できます。

 

 

購入してから知ったのですが、地味にうれしい機能でした。

 

僕の住んでいる地域は車社会なので、移動のほとんどは車での移動です。

移動の際に車の座席に固定できると、段差などで車が揺れても、キャリーの落下や転倒を防ぐことができます。

 

特に、一人で動物病院に連れていった時は、車の運転に集中できてよかったです。

 

こんな感じで車の座席に固定できます

 

ポイント③中が見やすい

上も横も半透明のドアのため、中のペットの様子が見やすいです。

 

ポイント④別売りの給水ボトル、ショルダーベルトを取り付けられる

使用する予定はありませんが、別売りの給水ボトル、ショルダーベルトを取り付けることもできます。

簡易的なケージに使ったり、徒歩による移動にも使えそうですね。

 

気になる点 大きい子だとちょっと不安

プラスチック製でキャリー自体が軽いため、スペック上限の8 kg近い犬猫だとサイズや強度が不安に感じました。

 

口コミ

アイリスオーヤマのペットハウス&キャリーの口コミを抜粋してまとめました。

 

良い口コミ
  • 普段はハウスとして使え、使い勝手がいい
  • ペットの様子が見やすい
  • 想像よりも軽くて丈夫だった
  • シートベルトに固定できるのもGood!
  • 普段からキャリーに慣れさせることができる

 

悪い口コミ
  • 床にタオル敷物を敷くと滑ってずれやすい
  • 5 kg前後のペット(特に犬)だとサイズが小さい
  • シールがはがしにくい
  • 幅があるので小柄な女性だと持ちにくい
  • ロック部分が安っぽくて不安

 

僕もタオルを敷いているのですが、よくズレています。
滑り止めシートを購入しようか考えています。

 

やはり大きめのペット、特に犬だとサイズが不安なようですね。
猫用としてはかなり使い勝手が良いキャリーだとは思います。

 

前面の扉のシールは確かにはがしにくかったです。
はがすときは、シールはがし液などがあった方がいいです。

 

大きめのキャリーなので、持って歩くのは結構大変だと思います。
僕は車での移動が多いので、あまり気になりません。

 

扉のロック部分は確かに不安な作りです。
開いたことはありませんが、移動時はシートベルトで前扉も固定し、扉が開かないようにしています。

 

まとめ

アイリスオーヤマのペットハウス&キャリーのおすすめポイント
  • ハウスとして使えるので、使い勝手がよい
  • 扉が大きくのでペットを入れやすく、中の様子が見やすい
  • 付属の部品でシートベルトに固定できる

実家の猫(約3 kg)で、キャリーとして使用するには問題ないです。

 

5 kg程度までの猫でしたら、かなり使い勝手のよいペットキャリーなのではないでしょうか。

※ペットハウスとして使えるかどうかは、ペットの好き嫌いによりますね。

 

先日、動物病院行ったら同じキャリーを使っている人がいました。

こんな辺境の地でも被るので、けっこう使っている人も多いのではないでしょうか。

ペットキャリーの購入を考えている方は、参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました