頭痛、顔面痛、鼻水、のどの痛み、せき、痰が絡む【副鼻腔炎】【体験談】

健康
スポンサーリンク

こんにちは。「ガウ」です。

症状
  • 頭や顔面、目の奥が痛い
  • のどが痛くて咳が止まらない
  • 黄色っぽい(色の付いた)粘々した鼻水、痰(たん)が出る

このような症状が出ている場合、「副鼻腔炎」という病気の可能性があります。

 

風邪の症状と似ていますが、鼻の奥(副鼻腔)で炎症を起こしている状態です。

慢性化してしまうと治りにくく、手術が必要になる場合もあるので、早めに病院で診てもらいましょう。

 

僕も以前、下記のような症状に見舞われ、病院で診てもらったところ、鼻の奥が炎症を起こし、膿が貯まっている状態でした。

  • 頭が重く、目の奥に鈍い痛みがある
  • のどが痛くて声が出しにくい
  • 黄色い鼻水、痰が出る

診断結果は「副鼻腔炎」です。

 

この記事では、僕が実際に「副鼻腔炎」という病気になってしまった経験を交えながら、

  • 副鼻腔炎とはどんな病気なのか
  • 副鼻腔炎になったらどうすればいいのか
  • 副鼻腔炎の原因
  • 治療方法について
  • 完治までの期間
  • 副鼻腔炎にならないためには

について紹介していきます。

「副鼻腔炎」の症状で悩んでいる方の参考になればうれしいです。

副鼻腔炎とは

鼻の中は「鼻腔」と「副鼻腔」とで構成されています。副鼻腔炎とは、鼻腔の周りにある副鼻腔が炎症を起こす病気です。副鼻腔は、顔の左右にそれぞれ4個ずつ、合計8個あり、その中には空気が入っていて、小さな穴で鼻腔とつながっています。副鼻腔の表面には薄い粘膜があり、粘液を出しています。さらに、線毛という小さな毛がたくさん生えていて、粘液を鼻腔のほうへ押し出す役割を果たしています。

引用元:社会福祉法人恩賜財団済生会 副鼻腔炎

鼻の中にある空洞で炎症を起こし、膿が貯まっている状態です。

「蓄膿症(ちくのうしょう)」とも言われている病気です。

「副鼻腔炎」になると、以下のような症状が現れます。

副鼻腔炎の症状
  • 黄色っぽいネバネバとした鼻水が出る
  • 鼻や口からイヤな匂いがする
  • 頭や顔面、目の奥の痛み
  • 咳(せき)が出る
  • 痰(たん)が絡む
  • 喉の痛み
  • 味覚障害

 

花粉症などの「アレルギー性鼻炎」は、サラサラとした透明の鼻水が出ますが、「副鼻腔炎」になると、ネバネバとした色のついた鼻水が出るのが特徴です。

【咳(せき)が出る】【痰(たん)が絡む】【喉の痛み】【味覚障害】が現れている場合は、「後鼻漏(こうびろう)」という症状を発症している可能性があります。

「後鼻漏」は、鼻水が喉に流れてしまっている際に発症する症状です。

 

僕は「副鼻腔炎」をしばらく放置し、「後鼻漏」まで発症して、咳が止まらなくなってしまいました。

しかも、寝ている時でさえ咳が止まらず、不眠に近い状態にまでなり、眠気と鼻水、顔面の痛みで仕事に集中できませんでした。

僕がここまで放置した理由は、発熱がなかったためです。

発熱がない場合でも、これらの症状が出た際は、早めに病院を受診しましょう。

 

副鼻腔炎になったらどうすればよいのか(何科に行くのか)

市販の飲み薬や点鼻薬もあるようですが、「副鼻腔炎」は長引くと慢性化し、治りにくくなってしまうので、早めに耳鼻咽喉科を受診した方がいいでしょう。

レントゲン撮影やCT検査ができる病院だと、詳しい検査をしてもらえると思います。

僕はレントゲン撮影のできる耳鼻咽喉科に行き、レントゲンで鼻の奥に膿が溜まっているのを確認しました。

 

副鼻腔炎の原因

風邪やインフルエンザなどにより、ウイルスや細菌が鼻の奥(副鼻腔)に入り込むことで炎症を起こします。

また、(鼻に近いため)虫歯や歯周病でも炎症を起こすことがあります。

花粉症などのアレルギーを持っている方は「副鼻腔炎」を発症しやすく、治りにくいです。

 

副鼻腔炎には、「急性副鼻腔炎」「慢性副鼻腔炎」という2つの種類があります。

症状が1か月以内の場合は「急性副鼻腔炎」、3か月以上続く場合は「慢性副鼻腔炎」と診断されます。

治療方法について

「急性副鼻腔炎」の場合は、抗菌薬(抗生物質)や炎症を抑える点鼻薬などが処方されます(1~2週間分)。

病院では、鼻の中の膿を吸引したり、ネブライザー療法という霧状の薬を鼻から吸い込む治療が行われます。

僕も病院で鼻からの吸入を行った記憶があります。

 

3か月以上治らない場合は、「慢性副鼻腔炎」を診断され、治療方法が変わります。

 

「慢性副鼻腔炎」の場合は、マクロライドと呼ばれる抗菌薬を3ヵ月程度、少量ずつ服用する治療法が行われます。

改善が見られない場合は、鼻の穴から内視鏡を入れて、副鼻腔内のポリープや粘膜を切除する手術が行われることもあります。

 

手術にかかる時間は、重症度により異なり、日帰りで行えるものから1週間程度の入院が必要となることもあります。

 

早めに治療して、重症化させないことが大切です。

 

完治するまでの期間

「急性副鼻腔炎」は、通常1か月未満で治ります。

 

「慢性副鼻腔炎」では、症状が3か月以上続きます。

  

僕は「急性副鼻腔炎」だったらしく、受診してから数日で、症状は大分落ち着きました。

処方された薬を飲み切る頃(約2週間後)には、症状はほぼ無かったです。

 

副鼻腔炎にならないためには

「副鼻腔炎」にならないためには、以下のことに注意しましょう。

副鼻腔炎にならないためには
  • まずは風邪を引かないようにする
  • 風邪引いたらを長引かせない
  • 花粉症対策をしっかり行う

 

風邪の予防がそのまま「副鼻腔炎」の予防になります。

  • バランスの取れた食事
  • 規則正しい生活
  • 十分な睡眠
  • 適度な運動

を心がけましょう。

もし風邪を引いてしまった場合は、十分に休養をとり、長引かせないようにしましょう。

花粉症の方は、マスクやメガネを着用し、アレルギー性鼻炎の症状がなるべく出ないようにしましょう。

 

まとめ

「のどが痛くて眠れない」

「頭痛、眠気で集中できない」

「副鼻腔炎」は、放置すると頭痛や鼻水だけではなく、

  • 不眠
  • 集中力の低下
  • 治りにくくなる

という状態になるリスクが高まります。

僕は不眠に近い状態まで放置しましたが、幸いなことに2週間程度で完治しました。

「副鼻腔炎かもしれない」という症状が現れたら、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

治療後は再発しないように、生活習慣を見直し、健康的な生活を送るようにしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました