仕事を辞めるにはいくら必要?【4つのFIRE】

マネープラン
スポンサーリンク
こんなことが知りたい人へ

仕事を辞めたい

働かないで生きていきたい

いくらあれば今の仕事をやめられるか

 

「仕事を辞めたい、働かないで生きていきたい」

サラリーマンなら、一度は思ったことがあるでしょう。

 

皆さんはFIRE(ファイア)という言葉をしっていますか?

「Financial Independence Retire Early」の略称で

一般的な定年まで働かずに、若いうちに働かなくても生きていける状態にすること

を意味します。

 

これだ!

と思う方も多いではないでしょうか。
(僕もその一人です。)

 

では、FIREにはどれだけのお金(資産)が必要なのでしょうか。

FIREにはいくつかの種類があり、それぞれで必要な金額とライフスタイルが異なります。

 

この記事では、

この記事の内容

FIREの前提

FIREの種類

FIREで必要な資産

を紹介したいと思います。

 

最後に、僕が目指すFIREと目標資産額を紹介しますので、

  • 今の会社が嫌な方
  • 仕事を辞めようか悩んでいる方

このような方は参考にしてみてください。

 

FIREを知ることで、我慢して仕事を続ける以外の選択肢が増えるかもしれませんよ。

 

FIREの前提

FIREは、株式や債権などへの投資(資産運用)を前提としています。

現金や預貯金だけではダメです。

 

現金や預貯金は、お金を生み出すことがありません。

使った分だけお金が減っていきます。

しかし、資産運用をすることで、お金が減らない状況を作り出せるのです。

 

「4%ルール」というアメリカ発祥の理論があります。

4%ルールの概要

毎年資産の4%を取り崩しても、資産は減らない(減りにくい)

 

この理論をもとにすると、生活費の25倍の資産を築ければ、働かなくても生きていける計算となります。

FIREは、この「4%ルール」を前提に必要額が計算されることが多いです。

 

計算例:年間の生活費が300万円の場合

FIREに必要な額:300万円×25=7,500万円

 

7,500万円の4%は300万円、「年間300万円ずつ切り崩してもOK」とういことになります。

なお、4%ルールについては、こちらの記事でも解説しています。

 

FIREの種類、いくら必要か

FIREには、タイプ別にいくつかの種類があります。

この記事では、以下4種類のFIREを紹介します。

 

4種類のFIRE

全く働かないタイプのFIRE
①FAT(ファット) FIRE
②LEAN(リーン) FIRE

働き続けるFIRE
③Barista(バリスタ) FIRE
④Side(サイド) FIRE

 

それぞれのFIREで、ライフスタイルや必要額が異なります。

 

FAT(ファット) FIRE

究極のFIREとも呼べる状態です。

収入は資産収入のみで、贅沢な生活をしてもお金が減りません。

 

好きなことを好きなだけして、人生を謳歌するようなライフスタイルです。

FAT FIREに必要な資産額

数億円以上

 

最低でも億単位のお金が必要になります。

事業や投資で一発当てるくらいの額ですので、難易度はかなり高めです。

限られた人しか到達できない極地となります。

 

LEAN(リーン) FIRE

こちらも資産収入のみで生活するライフスタイルになります。

FATとの違いは、過剰な贅沢ができない点です。

 

「LEAN」には、無駄がない、効率的な、という意味があります。

LEAN FIREは、生活費を削り、必要な資産額を下げることでFIREを達成する手法です。

 

好き勝手にお金を使うことはできませんが、必要なお金は働かなくても手に入ります。

 

LEAN FIREに必要な資産額

数千万円程度

年間の生活費が300万円なら、必要な資産額は7,500万円になります。
(4%ルール)

FAT FIREに比べたら、だいぶ下がりました。

 

世の中には、年間生活費を100万円程度に絞っている強者もいます

その場合に必要な資産額は2,500万円です。

 

生活環境、家庭環境にもよりますが、努力次第では誰でも達成できるレベルではないでしょうか?

 

Barista(バリスタ) FIRE

Barista FIREは、フルタイムでの労働をやめ、パートやアルバイトで働くFIREです。

「リタイアしてないじゃん」というツッコミがありそうですが、FIREの一部とされています。

 

労働の時間を減らして、自分の時間を増やすライフスタイルです。

 

Barista FIREは、完全に仕事をやめるわけではないので、必要な資産額を抑えられます。

また、FIRE後に問題となる社会保障費(健康保険や年金など)対策にすることも可能です。

 

Barista FIREに必要な資産額

数千万円程度

 

年間生活費が300万円の場合、半分を労働で稼ぐとすると、必要な資産額は3,750万円です。

こちらも、努力次第では誰でも達成できるレベルとなっています。

 

Side(サイド) FIRE

Side FIREは、フルタイムでの労働をやめ、フリーランスや個人事業主として働くFIREです。

Barista FIREとの違いは、「雇用されているか」になります。

Barista FIRE:雇用されている

Side FIRE:雇用されていない、独立している

 

  • 好きな仕事、興味のある仕事
  • 最低限のお金を稼ければOK
  • 成功すれば収入は青天井

なかなか夢のある生活です。

Barista FIREのように、社会保障費対策にはなりません(マイクロ法人化で可能)。

 

Side FIREに必要な資産額

数千万円程度

 

Barista FIREとほぼ同額と考えてよいでしょう。

こちらも、努力次第では誰でも達成できるレベルとなっています。

 

オススメのFIREタイプ

僕がオススメするのは、

オススメのFIREタイプ
  • Barista(バリスタ) FIRE
  • Side(サイド) FIRE

 

理由は、誰でも達成可能だからです。

 

  • 生活に必要なお金(衣食住など)は資産収入でまかな
  • 贅沢費(旅行や外食など)は労働収入でまかなう

という状態が理想です。

 

年間生活費300万円の例

生活に必要なお金:
 15万円/月→180万円/年→必要資産額:4,500万円

贅沢費:
 10万円/月→労働収入でまかなう

 

僕が目指すFIREと目標資産額

僕が目指すFIRE:
 Barista FIRE  or Side FIRE

目標資産額:
 4,000〜5,000万円

 

僕は以下のタイミングで退職しようと考えています。

  • 5,000万円貯まる
  • 子どもが小学生になる前(37〜38歳)

 

僕の生活環境なら、妻子がいても資産4,000〜5,000万円あれば、生きていく分には困りません。
(住居費がほとんどかからない環境)

娯楽費や教育費は、パートタイム、または在宅の仕事はしようと思っています。

 

ちなみに、妻も働く予定です。

ただ、僕だけの収入だけでも何とかなるようにしたいとは思っています。

 

現在の資産状況

 

まとめ

FIREの前提

株式や債権などへの投資(資産運用)が必須

4種類のFIRE

全く働かないタイプのFIRE
①FAT(ファット) FIRE:数億円以上
②LEAN(リーン) FIRE
:数千万円

働き続けるFIRE
③Barista(バリスタ) FIRE:数千万円
④Side(サイド) FIRE:数千万円

オススメのFIREタイプ
  • Barista(バリスタ) FIRE
  • Side(サイド) FIRE

 

  • 嫌な会社を辞める
  • 働かないで生きる
  • 自分の時間を生きる

FIREは、とても魅力的な生き方ですね。

FIREを目指すには、投資をして資産運用を始める必要があります。

 

投資は元割れの可能性があるリスク資産です。

FIREを目指すなら、投資の知識も身につける必要があります。

「ぼったくり商品」を避けつつ、自分のリスク許容度の範囲内で投資を行いましょう。

 

当ブログ、Twitterでも、投資に関する情報を発信していますので、よろしければ参考にしてみてください。

嫌な仕事から解放され、経済的自立できる人が一人でも増えると嬉しいです。

僕も道半ばですが、一緒に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました