【SBI・V・S&P500】1年半の運用実績【リターン13%】【2022年】

マネープラン
スポンサーリンク
こんなことが知りたい人へ

SBI・V・S&P500の特徴

SBI・V・S&P500実際の運用実績

 

こんにちは。SBI・V・S&P500運用歴1年半のガウです。

 

SBI・V・S&P500は、米国主要500銘柄から構成されたS&P500という指数に連動する投資信託です。

「バンガード・S&P500ETF」(VOO)というETFを通して運用されています。

 

簡単にいうとアメリカ株のオススメパックです。

インデックス投資界隈では、有名な投資信託となっています。

 

  • 低コスト
  • 100円から購入可能
  • つみたてNISA対応

米国株式に長期投資する人にとっては、非常に魅力的な商品となっています。

ガウ
ガウ

iDeCoに使えないのが残念

 

僕は2020年10月から毎月10万円ペースでSBI・V・S&P500を購入しています。

購入開始から早1年半、運用益は以下のようになりました。

【SBI・V・S&P500】1年半の運用実績(2022年4月2日時点)

元金:1,720,000円

評価額:1,945,925円

損益:225,925円

リターン:+13%

 

2021年の米国株フィバーのおかげで、順調に資産が増えています。

直近は国際情勢、インフレや利上げの影響で低迷気味です。

しかし、そんな中でも利益を確保できており、アメリカ経済の強さを感じます。

 

この記事では、SBI・V・S&P500を1年半運用した実績を紹介します。

この記事でわかること

SBI・V・S&P500とは

SBI・V・S&P500の運用実績

 

最後には、僕自身のSBI・V・S&P500に関する今後の運用方針を紹介します。

 

これまで貯金しかしてこなかった投資初心者は、値動きのイメージがつきにくいものです。

 

SBI・V・S&P500による実績運用を通じて

投資信託による運用

運用利回りのイメージ

どれくらい変動するのか

などのイメージが掴めればと思います。

 

もちろん、今後も同じような動きになるかは分かりませんし、

投資には元割れのリスクがあるので、マイナスになることもあるでしょう。

 

運用実績を見てもらえれば分かりますが、僕自身もマイナスの期間を経験しています。

2021年は世界的に株式市場が好調だったので

調子がいい年はこんなに増えるんだ!

くらいに考えてもらえればと思います。

 

ファンド選びの参考になると嬉しいです。

 

SBI・V・S&P500とは

SBI・V・S&P500の基本的な情報と特徴を紹介します。

商品名SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
ベンチマークS&P500
構成銘柄数500銘柄
純資産額(2022年4月8日時点)5,521.47 億円
設定日2019年9月26日
分配金なし(再投資)
購入手数料無料
信託報酬0.0938%
信託財産留保なし
取扱証券会社楽天証券、SBI証券、マネックス証券など
最小購入金額100円
つみたてNISA
iDeCo×
SBI・V・S&P500の基本情報

 

特徴をまとめると以下の通りです。

SBI・V・S&P500の特徴
  • VOOという有名のETFでの運用
    → 長期的な成長が期待できる
  • 純資産額が大きい
    → 償還リスクが小さい
  • 低コストで運用可能
    → ノーロード、信託報酬:0.2%以下
  • 取り扱い証券会社が多い
    → SBI証券以外でもOK
  • つみたてNISA対象銘柄
    → 非課税口座での運用が可能
  • iDeCo非対応

 

低コストで長期投資に向いている優良ファンドとなっています。

つみたてNISAでインデックス投資を始める人にはうってつけの商品です。

 

数多くの書籍、ネット記事、YouTubeなどでもオススメの商品として紹介されています。

 

長期投資でリターンが狙える商品なので、iDeCo(確定拠出年金)で使えないのが残念です。

 

ライバル商品

同じくS&P500に連動する投資信託に「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」があります。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、

iDeCoに対応している

信託報酬はSBIの方が安い

など、SBI・V・S&P500に対しメリット・デメリットがあります。

 

詳しい比較は以下の記事で行っています。

 

SBI・V・S&P500の運用実績

僕が約1年間半SBI・V・S&P500を運用した実績を紹介します。

【SBI・V・S&P500】1年半の運用実績(2022年4月2日時点)

元金:1,720,000円

評価額:1,945,925円

損益:225,925円

リターン:+13%

 

運用実績推移

1ヶ月ごとの運用実績推移(グラフ)

 

日付元金評価額損益損益率
2020/10/5 30,000  30,326  326 1%
2020/11/1 60,000  58,100 -1,900-3%
2020/12/1 90,000  93,958  3,958 4%
2021/1/1 120,000  126,093  6,093 5%
2021/2/6 150,000  164,696  14,696 10%
2021/3/7 180,000  193,935  13,935 8%
2021/4/4 210,000  243,985  33,985 16%
2021/5/1 240,000  282,558  42,558 18%
2021/6/6 270,000  315,357  45,357 17%
2021/7/4 300,000  360,384  60,384 20%
2021/8/15 360,000  429,312  69,312 19%
2021/9/12 390,000  460,113  70,113 18%
2021/10/10 570,000  639,903  69,903 12%
2021/11/6 960,000  1,094,990  134,990 14%
2021/12/4 1,290,000  1,389,491  99,491 8%
2021/12/31 1,320,000  1,510,207  190,207 14%
2022/2/4 1,620,000  1,722,598  102,598 6%
2022/3/5 1,720,000  1,769,043  49,043 3%
2022/4/217200001945925 225,925 13%
1ヶ月ごとの運用実績推移(データ)

 

2020年10月から毎月購入を開始、徐々に金額を増やし、スポット購入なども行いました。

特に2021年10月頃から購入量を増やしています。

 

始めはマイナスになる時期もありましたが、2021年に受け大きく上昇(最大+20%)

直近はインフレ、利上げ、国際情勢の悪化を受け、利益率3%まで低下、

2022年4月現在では、13%まで持ち直しています。

 

インデックス投資では

  • ほとんど増えない時期もある
  • マイナスになる時期もある
  • 一気に増える時期もある

 

SBI・V・S&P500も1年半で上記のような時期があり、投資イメージが掴みやすいのではないでしょうか?

ガウ
ガウ

短期で見ると右肩上がりにならない

というのは覚えておきましょう

 

SBI・V・S&P500今後の運用方針

追加購入し、保有し続ける

 

約1年半で13%の利益が出ているので、もちろん継続で購入していきます。

 

購入方法は毎月10万円の積立(ドルコスト平均)です。

暴落やリセッション(景気後退)があった際は、スポットで追加購入する可能性もあります。

 

ガウ
ガウ

S&P500ファンドの中では最適解の一つ

長期保有して、ゆっくり育てていきたい

 

まとめ

SBI・V・S&P500の特徴
  • VOOという有名のETFでの運用
    → 長期的な成長が期待できる
  • 純資産額が大きい
    → 償還リスクが小さい
  • 低コストで運用可能
    → ノーロード、信託報酬:0.2%以下
  • 取り扱い証券会社が多い
    → SBI証券以外でもOK
  • つみたてNISA対象銘柄
    → 非課税口座での運用が可能
  • iDeCo非対応
【SBI・V・S&P500】1年半の運用実績(2022年4月2日時点)

元金:1,720,000円

評価額:1,945,925円

損益:225,925円

リターン:+13%

 

SBI・V・S&P500は、低コストで運用でき長期投資に向いている優良ファンドとなっています。

特につみたてNISAによる運用では、最適解の1つと言えるでしょう。

 

僕自身、2021年の好調の影響が大きいですが、順調に利益を増やせています。

今後も追加購入、長期保有する予定運用です。

 

インデックス投資信託といえど、株式投資であることは変わりません。

元割れのリスクがありますし、僕自身もマイナスの期間を経験しています。

それでも、インデックス投資を始めて良かったと思っています。

 

Twitterでも毎月運用実績を公開しているので、参考にしてみてください。

 

銘柄選びの参考になりましたでしょうか?

皆さんの資産運用が上手くいくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました