米国株式に投資している理由【VTI、S&P500】

FIRE
スポンサーリンク
こんなことが知りたい人へ

「全米株式」か「全世界株式」かで迷っている
答え:迷うなら「全世界株式」

「全米株式」にする理由は?
答え:アメリカの経済成長に期待

「全米株式」のデメリットは?
答え:「全世界株式」よりリスクが大きい

VTIやS&P500にする理由は?
答え:手数料が安い

投資信託にする理由は?
答え:ラクチンだから

 

「全米株式」か「全世界株式」か

インデックス投資を始めようとした時、最も悩みやすい問題の一つです。

 

僕は「米国株式インデックスファンド」を中心に運用しています。

「米国株式」にした理由

より大きなリターンを狙いたい

アメリカの経済成長に期待

リスクは許容できる

 

ここ数年、「全世界株式」よりも「全米株式」のリターンの方が大きいです。

アメリカは人口やGDPの増加も予想され、今後も経済の中心だと思います。

 

もちろん、米国に集中することでリスクも大きくなります。

しかし、サラリーマンの収入があるので許容範囲です。

 

具体的な保有銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド

※リンク先は、僕の運用実績を紹介している記事です。

 

僕は投資信託で運用しています。

投資信託は、リバランスや再投資の手間がなくラクチンです。

ETFの方が手数料は安いですが、低コストの投資信託も登場しています。

 

この記事では、僕が「全米株式」にした理由と投資信託で運用している理由を詳しく紹介します。

この記事の内容

「全米株式」にした理由

投資信託にした理由

オススメの証券口座

 

僕は「全米株式」をメインに運用していますが、迷うなら「全世界株式」の方が無難です。

「米国株式」の方がリスクが高いですからね。

 

2022年はとんでもない額のマイナスを叩き出してくれましたよ(涙)。

NISAやiDeCoの銘柄選びの参考になると嬉しいです。

 

全米株式にした理由

冒頭でも紹介しましたが、全米株式インデックスファンドにした理由は以下の通りです。

「米国株式」にした理由

より大きなリターンを狙いたい

アメリカの経済成長に期待

リスクは許容できる

 

より大きなリターンを狙いたい

「全米株式」と「全世界株式」、これらの代表的なインデックスファンドのリターンを比較してみましょう。


eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
eMAXIS Slim 全世界株式
(オール・カントリー)
リターン(年率)13.54 10.68
過去3年のリターン比較(2023年1月時点、楽天証券)

 

ここ数年では全米株式の方がリターンが大きいです。

今後も「米国株式>全世界株式」になるかは分かりませんが、過去のリターンをもとに「全米株式」にしています。

 

アメリカの経済成長に期待

人口増加とGDP増加は、経済成長に欠かせないでしょう。

先進国の中では、アメリカが人口増加とGDP成長の期待が大きいです。

 

感覚的な話ですが、身の回りにはアメリカ企業の製品・サービスで溢れています。

Apple、Microsoft、Google、Amazon、、、

 

これらの製品・サービスがない生活に戻るのは難しいでしょう。

このような世界を牽引する企業を輩出する環境が、アメリカにはあると思っています。

 

リスクは許容できる

「全米株式」と「全世界株式」の代表的なインデックスファンドのリスクを比較してみましょう。


eMAXIS Slim 米国株式
(S&P500)
eMAXIS Slim 全世界株式
(オール・カントリー)
リスク(年率)24.09 23.31 
過去3年のリスク比較(2023年1月時点、楽天証券)

 

リスクは「全米株式」の方が高いです。

最大で50%程度下落する覚悟が必要しょう。

 

しかし、以下の理由からリスクは許容できます。

リスクが許容できる理由

毎月の給与所得がある

現金も多めに保有

 

今現在は、資産で生活を賄っているわけではありません。

それならば、リスクをとってより大きなリターンを狙おうという考えです。

 

なお、現状の「全世界株式」は半分以上「米国株式」で構成されています。

そのため、直近3年で見るとリスクの差は小さいです。

 

しかし、「全世界株式」は今後の情勢によって「米国株式」の比率が変化していきます。

時代に合わせて地域の割合が変化していくの「全世界株式」の特徴です。

 

(おまけ)多くのFIRE本は「米国株式」

日本でもFIREがブームになり、多くの関連本が出版されています。

 

 

これらの書籍では「米国株式インデックスファンド」が推奨(前提に)されています。

 

僕もこれらの書籍に触発されました。

そのため「米国株式インデックスファンド」がメインです。

 

迷うなら「全世界株式」

ここまで読んでも迷うなら「全世界株式」にしておきましょう。

 

「全米株式のみは不安」

「今後も本当にアメリカが成長するの?」

その不安は疑問はごもっともです。

そして、その不安は誰にも消せないでしょう。
(僕自身も不安はありつつも投資を続けています。)

 

将来は誰にも分かりません。

しかし、ただ足踏みしているのは「もったいない」です。

 

投資において、元本と同じくらい時間(期間)は重要となります。

 

迷ってるくらいなら不安の少ない「全世界株式」で始めてしまいましょう。

今の段階では「全米株式」とリターンに大きな差はありませんし。

 

投資信託にした理由

僕が実際に運用している商品は以下の通りです。

具体的な保有銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド

※リンク先は、僕の運用実績を紹介している記事です。

 

これらは、VTIやS&P500に連動する投資信託です。

ETFでも購入可能ですが、以下の理由から投資信託にしています。

投資信託にした理由

ドル建が面倒

再投資が面倒

クレカ積立ができる

手数料が安い商品の登場

 

一言でまとめると「面倒だから」です。

ガウ
ガウ

子育てリーマンに面倒なことは無理!

クレカ積立を設定しておけば、後は自動で買ってくれます。

さらにポイント還元まで受けられるおまけ付き!

 

なお、ETFと投資信託のメリット・デメリットは以下の通りです。


ETF投資信託
メリット手数料が格安
分配金がもらえる
円で買える
自動で再投資
少額から購入可能
クレカ積立ができる
デメリットドルの購入が必要
再投資は自分で行う
まとまった資金が必要
ETFよりは手数料が高い
ETFと投資信託のメリット・デメリット

 

オススメの証券口座

投資信託なら、先ほど紹介したクレカ積立(ポイント還元あり)ができる証券口座がオススメです。

 


SBI証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券
提携クレジットカード三井住友カード楽天カードマネックスカードauPAYカード
ポイント還元率
(上限:毎月5万円)
0.5%
1%(ゴールド)
2%(プラチナ)
0.2%
0.5%(楽天キャッシュ)
1.1%1%
3%(UQ利用者)
5%(au利用者
ポイント種類Vポイント楽天ポイントマネックスポイントPontaポイント
クレカ積立ができる証券会社

 

還元率に違いはありますが、そこまで気にしなくていいレベルです。

好きなところでいいと思います。

 

ちなみに、僕はマネックス証券以外の口座でクレカ積立をしています。(笑)

 

「一番無難かな?」と思うのは「SBI証券」です。

口座開設者数No.1の安心感があります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

また、超低コストの投資信託「SBI・Vシリーズ」が買えるのも魅力の一つです。

商品名eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
指数S&P500S&P500
分配金なし(再投資)なし(再投資)
購入手数料無料無料
信託報酬0.0968%0.0938%
信託財産留保なしなし
SBI・Vシリーズとの手数料比較(S&P500)

 

商品名楽天・全米株式インデックス・ファンドSBI・V・全米株式インデックス・ファンド
指数CRSP USトータル・マーケット・インデックスCRSP USトータル・マーケット・インデックス
分配金なし(再投資)なし(再投資)
購入手数料無料無料
信託報酬0.162%0.0938%
信託財産留保なしなし
SBI・Vシリーズとの手数料比較(VTI)

 

まとめ

「米国株式」にした理由

より大きなリターンを狙いたい

アメリカの経済成長に期待

リスクは許容できる

投資信託にした理由

ドル建が面倒

再投資が面倒

クレカ積立ができる

手数料が安い商品の登場

具体的な保有銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド

※リンク先は、僕の運用実績を紹介している記事です。

 

インデックス・ファンドによる投資をしようと考えた時、

「全米株式」か「全世界株式」か

というのは、本当に悩ましいです。

 

この記事では、僕が「米国株式」をメインに投資している理由を紹介しました。

ここまで読んで悩むようなら「全世界株式」にした方が無難だと思います。

 

今抱いている「米国株式」に対する不安を、完全に消してくれるものはないでしょう。

それよりも、悩んで始められない時間がもったいないです。

 

僕も資金の一部を「全世界株式」で運用していますが、順調に増えていますよ。

 

「全米株式だからダメ」「全世界株式だからダメ」ということはないと思います。

大事なのは「株式投資をするか/しないか」です。

 

銘柄選びの参考になりましたでしょうか?

皆さまの資産形成が上手くいくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました