【eMAXIS Slim vs SBI】S&P500連動投資信託の比較

マネープラン
スポンサーリンク

こんにちは。投資信託7年生のガウです。

 

僕は3年以上、S&P500に連動する投資信託を運用しています。

 

S&P500は、米国の主要企業500社から構成されるインデックスです。

VTIと並んで米国株インデックス投資では、王道の指数として知られています。

 

最も有名なのが、VOOというETFです。

ETFは一癖あり、初心者にとっては難易度が高めとなっています。

 

そこで、初心者にオススメなのが「S&P500に連動する投資信託」です。

少額(100円)からスタートすることができるので、ハードルが低くなっています。

 

代表的なS&P500連動の投資信託は以下の2つです。

VTIに連動する投資信託
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

 

これら2つは、超低コストでS&P500に投資できる優良投資信託です。

ほぼ同じ商品ですが、わずかに違いがあります。

 

この記事では

この記事の内容
  • eMAXIS Slim とSBIとの特徴比較
  • 投資信託とETF(VOO)との違い
  • eMAXIS Slim とSBIどっちがオススメなのか
  • eMAXIS Slim とSBIオススメの買い方

について紹介します。

 

オススメの結論を先に書いてしまうと

迷っているならeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
→投信保有ポイント、iDeCoに対応!

オススメの買い方は(マネックス証券の)クレカ積立
→クレカ積立によるポイント還元あり!

つみたてNISAやiDecoでの購入もオススメ
→長期積立投資との相性も◎!

 

手数料はSBIの方が安いのですが、各証券会社が行なっているポイントサービスを考慮すると、eMAXIS Slimの方がお得になります。

 

ガウ
ガウ

僕は複数の証券口座を持っていますが

SBI証券:SBI・V・S&P500

その他の証券:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

という形で両方買っています。

 

投資信託選びの参考になると嬉しいです。

 

なお、VTI連動の投資信託の比較も行っていますので、VTIにも興味がある方は参考にしてみてください。

 

【eMAXIS Slim】【SBI】の比較

商品名eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
指数S&P500S&P500
構成銘柄数500銘柄500銘柄
純資産額(2022年3月29日時点)11,451.35 億円5,394.67 億円
設定日2018年7月3日2019年9月26日
分配金なし(再投資)なし(再投資)
購入手数料無料無料
信託報酬0.0968%0.0938%
信託財産留保なしなし
取扱証券会社楽天証券、SBI証券、マネックス証券など楽天証券、SBI証券、マネックス証券など
iDeCo×
eMAXIS Slim 米国株式とSBI・V・S&P500の比較表

 

どちらも低コストで運用できる優良ファンドです。

「わずかな手数料の差」「iDeCoに対応かどうか」しか違いがありません。

 

バンガードS&P500 ETF(VOO)との違い

S&P500に連動する商品で「バンガードS&P500 ETF(VOO)」というETFがあります。

【eMAXIS Slim】や【SBI】などの投資信託との違いは以下の通りです。


VOOeMAXIS Slim(SBI)
手数料年率0.03%程度年率0.0968%(年率0.0938%)
直近配当利回り1.53%なし
最低投資額約50,000円~100円~
つみたてNISA、iDeCo×○(×)
VOO(ETF)と【eMAXIS Slim】【SBI】(投資信託)との違い

 

ポイントをまとめると、VOO(ETF)は

  • 手数料が安い
  • 分配金がもらえる
  • ドルの購入が必要
  • 再投資は自分で行う
  • まとまった資金が必要
  • つみたてNISA、iDeCoは使えない
    (一般NISA、ジュニアNISAなら可能)

 

VOO(ETF)と【eMAXIS Slim】【SBI】(投資信託)の選び方としては

  • 経費を安く抑えたいならVOO
  • 手間を少なくしたいならeMAXIS Slim or SBI

というのが良いでしょう。

 

ガウ
ガウ

VOO(ETF)は手間がかかるのがデメリット

慣れないうちは投資信託の方がオススメ

 

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】の特徴

米国株の主要500銘柄に投資できる、米国株まるごとパックです。

 

米国株式市場は長期的にみると右肩上がり、手数料も安く、長期投資にオススメのファンドとなっています。

つみたてNISAやiDoCoとの相性も良いでしょう。

 

投資やFIREに関する本でたびたび登場しており

「コレを買っておけば間違いない」

というような商品です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、

「Fund of the Year 2021」

という投信ブロガーが選ぶ優良ファンドの第4位を獲得している人気ファンドでもあります。

 

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】の構成銘柄

楽天VTIの主な構成
  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン・ドットコム
  • テスラ
  • メタ・プラットフォームズ
    (ファイスブック)
  • アルファベットC
  • アルファベットA
  • エヌヴィディア
  • バークシャー・ハサウェイ
  • JPモルガンチェース

 

一度は聞いたことがある米国の主要企業に投資されています。

アルファベットは「Google」の運営会社です。

 

これら有名企業の株主になれると思うと、ちょっとすごい人になれた気がします。

 

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】の市場価格・分配金・利回り

市場価格(2022年3月30日):19,859円

利回り(直近3年の年率):22.05%

分配金:0円

 

10,000万円からスタートしているので、設定来で約2倍になっています。

分配金はありません。

 

直近3年の利回りは脅威の22%超!

2021年は米国株式市場が好調でしたので、その恩恵を受けています。

 

【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】の特徴

eMAXIS Slim同様、米国株まるごとパックです。

eMAXIS Slimも手数料が安く、超低コストで運用できます。

 

こちらも長期投資にオススメの投資信託となっています。

つみたてNISAは対象ですが、iDeCoは使えないので注意が必要です。

 

【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】の構成銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と同じです。

 

【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】の市場価格・分配金・利回り

市場価格(2022年3月30日):18,190円

利回り(直近1年の年率):25.71%

分配金:0円

 

登場して間もない商品なので、情報は少なめです。

分配金はありません。

 

指数が同じなので、利回りはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と同等と考えて良いでしょう。

 

【eMAXIS Slim】【SBI】どっちにしようか迷っている

「わずかな手数料の差」「iDiCo対応か」しか違いがありません。

 

基本的にどっちでもいいと思いますが、強いて言うなら【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】です。

 

手数料が高いのになんで?

と思うかもしれませんが、投資信託には「投信保有ポイント」というサービスがあります。

 

「投信保有ポイント」とは、投資信託を保有しているだけで、ポイントがもらえるサービスです。

ポイント還元率やもらえるポイントの種類は、各証券会社や投資信託で異なります。

 


SBI証券マネックス証券Auカブコム証券
投信保有ポイント
(年率)
eMAXIS Slim:0.034%
SBI:0.022%
eMAXIS Slim:0.03%
SBI:なし
0.005%
ポイント種類Tポイント
Pontaポイント
dポイント
(選択制)
マネックスポイントPontaポイント
【eMAXIS Slim】【SBI】(S&P500)での投信保有ポイント比較

 

  • ポイントを考慮すると手数料差は相殺
  • iDeCo対応などの使いやすさ

から【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】の方が良いと考えました。

 

ガウ
ガウ

僕は二つとも保有しているけど

本当にどうちらも優良ファンド

 

コインの裏表で決めてもいいくらいだよ

 

オススメの購入方法

オススメの購入方法は、クレジットカードによる毎月積立です。

購入額に応じたポイントがもらえます。

 

主な証券会社と提携クレジットカード、ポイント還元率は以下の通りです。
(【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】想定)

 


SBI証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券
提携クレジットカード三井住友カード楽天カードマネックスカードauPAYカード
ポイント還元率
(上限:毎月5万円)
0.5%
1%(ゴールド)
2%(プラチナ)
0.2%1.1%1%
3%(UQ利用者)
5%(au利用者
ポイント種類Vポイント楽天ポイントマネックスポイントPontaポイント

 

SBI証券では最大2%もらえますが、年会費がかかるカードなので注意が必要です。

auカブコム証券も最大5%もらえますが、auスマホの高い料金プランに加入している必要があります。

 

ガウ
ガウ

無理に最大ポイント還元を目指す必要はないよ

年会費無料のカードでも十分

 

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】オススメの買い方

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のオススメの買い方は

マネックス証券でマネックスカードによるクレカ積立

です。

 

クレカ積立ポイント還元率:1.1%

投信保有ポイント:年率0.03%

 

毎月5万円積み立てると、年間で6600円分のポイントがもらえます。

つみたてNISAやiDeCoによる購入もオススメです。

 

【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】オススメの買い方

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドのオススメの買い方は

SBI証券で三井住友カードによるクレカ積立

です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

クレカ積立ポイント還元率:0.5%
(年会費無料のカード)

投信保有ポイント:年率0.022%

 

毎月5万円積み立てると、年間で3000円分のポイントがもらえます。

投信保有ポイントももらえるので、運用コストは最安です。

 

つみたてNISAによる購入もオススメです。

 

投信保有ポイントを気にしないという方は、

マネックス証券でマネックスカードによるクレカ積立

がオススメです。

→ マネックス証券の方がクレカ積立のポイント還元率が高い

クレカ積立ポイント還元率:1.1%

投信保有ポイント:なし

 

まとめ

【eMAXIS Slim】【SBI】の違い

違いはほぼない
→ 「わずかな手数料差」と「iDeCoに対応しているか」

【eMAXIS Slim】【SBI】どっちがいいか

基本的にどちらでもよい

強いて言うなら【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】
→投信保有ポイントがもらえる

オススメの買い方

【SBI・V・S&P500インデックス・ファンド】SBI証券+三井住友カード
→ ポイント還元率:0.5%+投信保有ポイント:年率0.022%

【eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)】マネックス証券+マネックスカード
→ ポイント還元率:1.1%+投信保有ポイント:年率0.03%

 

投資において、インデックス(指数)選びは超重要です。

S&P500は、今後も成長が期待できる優良なインデックスですので、長期投資でこの指数を選んだ方は、お目が高いですね。

 

この記事で紹介した

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

は僕自身も積立していて、順調に増えています。

 

アメリカ経済、やっぱり強いです。

 

もちろん投資なので元割れするリスクがあり、マイナスになる時期もありました。

しかし、リスクを取らなければリターンを得られない世の中です。

 

僕はリスクをとり、今後もS&P500連動の投資信託に、コツコツと投資を続けていきます。

10年後、20年後のリターンを信じています。

 

銘柄選びの参考になりましたでしょうか?

皆さんの資産運用が上手くいくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました